>

自分で対策できる方法

対策する時に使う道具とは

普通の電話は、盗聴器が仕掛けられやすいので気をつけてください。
仕事で使っている電話は、きちんと電話盗聴防止機を使ってください。
それがあれば、電話を使っている時も盗聴器に会話が聞こえなくなります。
基本的に電話機に盗聴器が仕掛けられている時は、通話している時だけ効果を発揮します。
ですから盗聴発信器を使っても、なかなか反応しないので見つかりにくいです。

そのまま使っていると。どんどん会社の機密情報が洩れるかもしれません。
大事な要件は、電話盗聴防止機を備えている電話機を使って会話を進めてください。
自分から盗聴されないように、予防することが大切です。
準備するのは面倒かもしれませんが、情報が洩れて大きな損害を受けるよりはマシでしょう。

怪しいと思うタイミング

どんな時に、盗聴器が仕掛けられていることを疑えばいいのでしょうか。
電話機に盗聴器を仕掛けた場合、犯人は無言電話やイタズラ電話を何度もしてくる傾向が見られます。
無言電話に応答して、受話器を置いた時に盗聴器が作動して会話を盗み聞きされます。
また電話をかけて出なかったら、犯人は留守だと思って部屋に突入してくるかもしれません。

たかがイタズラ電話と油断していると、大きな事件に巻き込まれてしまいます。
そのような電話が続く際は、1度盗聴器が仕掛けられていないか詳しく調べてください。
また外出する際は、犯人が来て盗聴器が仕掛けられないよう厳重に戸締りをしましょう。
盗聴器を、仕掛けられないように注意する意識が重要です。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる